専門家ネットワーク

医師の世界に外科・耳鼻科・眼科とあるように弁護士や税理士など士業の世界にも専門分野があります。

そのなかで、相続もひとつの専門分野となりますが、特にこの相続分野は難易度が高いといわれており、
それがゆえに相続を専門とする士業事務所でないと、なかなか問題は解決しにくいものと考えられます。

ただ大きな問題として、
相続業務を専門でおこなっている士業事務所があまりにも少ないという現実があります。

例えば税理士についてですが、
我が国の2019年の相続税申告件数は115000件で、この年の全国の税理士の数は79000名となっています。

つまり相続税の申告案件は年々増えているとはいえ、税理士1名あたり年間1.45件しかないという現実。

いかに相続税(資産税)だけを専門でやっていくことが難しいかが、お分かりいただけるかと思います。

ここで過去の事例として、
ある方のお父様がお亡くなりになられて、お知り合いの税理士に相談されたところ、
約1000万円の相続税を納付しなければいけないと言われ、当社に相談がありました。

資産内容をざっとお聞きしたところ疑問を感じたため、当社が提携する相続専門の税理士に相談したところ、
結果的に相続税はまったく払わずに済んだという事実があります。

当社は一般の方が相続業務を専門とする専門家を、見極めたり探し当てたりすることは至難の業だと考えています。

だからこそ士業をはじめ実務経験の豊富な専門家と提携できている当社が、いかに使っていただける存在であるかご理解いただけましたら幸いです。

あなたにはどの専門業務を担う専門家が必要なのか?

そしてあなたの考え方や価値観と相性が合う専門家は誰なのか?

満足や納得のいく課題解決にはご自身との相性も重要な要素となります。
終活・相続のコーディネートのプロである当社が厳選する、オーダーメイドのチーム編成で対応させて頂きますのでご安心ください。

ご相談者の総合窓口となり課題解決

下図のようなイメージでファミリーエージェントはご相談者の総合窓口となり、
専門家と連携/業務依頼/進捗管理/交渉/折衝をおこない、課題解決をすすめてまいります。

提携先:弁護士事務所

主な役割:相続における争いの解決や予防を担う法律の専門家

争族という言葉があるくらい相続は一歩間違えると争いにつながります。
皆さんもご存じの通りそんな争いが起きた時に力になってくれるのが弁護士です。

しかしそもそも争いを未然に防ぐことができれば助かりますよね。

実はそのような争いが起きないために予防法務をメインとされ、円満な老後や相続の実現に貢献されている弁護士も少数ですが存在します。

当社では当社法律顧問で相続専門の提携先弁護士を窓口として、最適な事務所に協力を得て相談対応させていただきます。

提携先:司法書士事務所

主な役割:不動産の登記を担う法律の専門家

相続・売買・贈与などで土地や建物の所有者が変わった際には、不動産登記をおこなう必要があります。

登記をしないまま長年放置された不動産は所有者不明となってしまい、
売買や賃貸などの管理処分ができない重大な問題を引き起こしてしまうだけでなく、
2024年の法改正により相続登記なきままの不動産には罰則が生じることとなります。

当社では3社の提携先司法書士事務所のなかから、最適な事務所の協力を得て相談対応させていただきます。

提携先:行政書士事務所

主な役割:官公署へ提出する書類作成などを担う法律の専門家

相続業務において遺言書など法律文書の作成支援など、広範囲にわたる相続実務をこなすことができるのが行政書士です。

とはいえ相続業務に特化した行政書士事務所は少数しかありません。

当社では相続に精通した5社の提携先行政書士事務所のなかから、最適な事務所の協力を得て相談対応させていただきます。

提携先:税理士事務所

主な役割:相続税をはじめ税の申告を担う税の専門家

税といえば相続税以外に贈与税・所得税・法人税などありますが、そのような税の申告を行うのが税理士です。

「わが家は相続税がいくらかかるのだろう?」
「法で認められた方法でもっと節税したいのだが」

経験やスキルにより申告税額も異なるため、誰に税対策や税申告を依頼するかが重要だと当社は考えています。

当社では3社の提携先税理士事務所のなかから、最適な事務所の協力を得て相談対応させていただきます。

提携先:金融機関

主な役割:銀行・証券・生命保険など金融商品の取り扱いを担う専門家

ほとんどの方の相続財産のなかには預貯金や生命保険といった金融資産が含まれています。

そえがゆえに相続対策や相続発生後の手続きを行うさいに、どのように資産を組み替えるか検討することが、
次の代のことも考えると重要なポイントとなります。

「高齢の母の高額の株や投資信託をそろそろ整理したいんだけど」
「いくつか入っている生命保険は相続で使えるものなのか?」

商品のいい悪いではなく、ご自身やご家族の目的に合っているものなのか、一度専門家に尋ねてみるのがよろしいかと思います。

当社では7社の提携先金融機関のなかから、最適な機関の協力を得て相談対応させていただきます。

提携先:不動産業者

主な役割:土地や建物の売買・仲介・賃貸・管理などを担う専門家

相続財産のなかで最も大きな割合を占めると言われるものが不動産です。

それがゆえにお持ちの不動産がどんな内容のものであるか、利用目的の制限・評価・市場価値など、
今のうちに知っておく必要があると当社は考えています。

「わが家のアパート経営は果たして採算がとれているのだろうか?」

なんとなく節税や住宅メーカーの言われるままに始めた不動産活用も、一度分析やシミュレーションをしてもらった方がいいのかもしれません。

ご家族にとって重要な不動産をどのように活用し継承していかれるのか、

不動産の専門家とともに考えていただくことが、長きにわたるご家族の円満につながるものと思います。

当社では2社の提携先不動産業者のなかから、最適な業者の協力を得て相談対応させていただきます。

提携先:医療・介護

主な役割:医療および介護に関する専門家

人生100年時代において老後の大きな課題として医療・介護のことがあります。
どんなに気をつけていてもガンや急な心筋梗塞・脳卒中などで入院を余儀なくされたり、
それに伴い体力のみでなく判断能力の低下も招いている実情があります。

このような転機となるタイミングはいつ起きるか分からないわけですが、

もしご自身が入院や介護が必要な状態になったら、どこで誰のお世話になりたいですか?

どのくらいの費用がかかりますか?

その費用はご家族が支払うことになりますか?
それともどう備えておかれますか?

何も準備していなければ、
子や孫に費用や時間の面で大きな負担をさせてしまったり、
望まぬ医療機関や介護施設でお世話になることも考えられます。

せっかくの残された人生を安心で豊かに過ごせすために、
ご自身の希望に沿う医療機関や介護施設を探しておくことや、
そこでお世話になれるご準備されておくことをおすすめいたします。

提携先:葬儀社

主な役割:葬祭の請負を担う専門家

地元に古くからある小規模な葬儀社から社葬ができるような大規模な葬儀社まで、少子高齢化が進むにつれ葬儀社の数はどんどん増えてきました。

病院でお亡くなりになったお祖父ちゃんは言われるままに提携先の葬儀社に搬送され、「皆さんそうされていますよ」「これが最期ですから」などとここでも言われるままに、誰も望まない高額で無機質な葬儀となってしまわないように…

そのためには前もって準備しておくことが必要です。

近年では家族葬や直葬が選ばれるケースが増えておりますが、ご自身やご家族にとってどういったスタイルがベストなのか、残されたご家族が困らないためにも事前に信頼できる専門家と一緒に考えておかれることをお勧めいたします。

当社では5社の提携先葬儀社のなかから最適な葬儀社の協力を得て相談対応させていただきます。

提携先:遺品整理業者

主な役割:遺品の回収・清掃などを担う専門家

故人が生前大切にしていた宝石・骨董・美術品・着物など誰も受け取る方がいない場合はどうしたらいいのでしょうか?

たとえ不用でも廃棄するのは気が咎めたりするものですよね。

もし誰かが使ってくれると嬉しいものです。

そういった不用なものの引き取りや買い取りをしてくれるのが遺品整理業者です。

当社では1社の提携先遺品整理業者のなかから最適な業者の協力を得て相談対応させていただきます。

提携先:空き家管理業者

主な役割:空き家の管理・清掃などを担う専門家

子どもたちが親と離れて暮らす環境で、最終的に相続で実家が空き家になってしまうケースが増えているかと思います。

ところが誰も住まない状況で放置しておくと、家はどんどん傷んでいくことをご存じでしょうか?

庭の草は生え放題、外壁は崩れ、雨漏りが始まり、終いには動物が住み着いたりと…

やはり時々はカギをあけて中に入り、窓を開けて風を通したり、草を刈ったり、郵便物を回収したり、そんなメンテナンスが必要なんでしょうね。

しかし、実家が遠くてなかなか帰れない方はいらっしゃると思います。

そんな方に朗報です。

あなたの代わりに定期的な空き家の見回りやメンテナンスを行ってくれる、便利で安心のサービスがあるのをご存じでしょうか。

当社では2社の提携先空き家管理業者のなかから最適な業者の協力を得て相談対応させていただきます。

以上ご不明などございましたらお気軽にご相談ください。

お問い合わせフォーム

 

ページの上部へ戻る

keyboard_arrow_up

0849827782 問い合わせバナー