老後のライフプランを考える

ライフプランとは

ライフプランとは人生設計のこと。

例えば
●10年後(30歳)には結婚したい
●そのためには25歳までに彼女をつくって
●結婚までに貯金は500万円ためて
●子どもは2人くらい欲しいな
●それで50歳までには勤務先で管理職になって
●そのとき年収は700万円くらいあって
●65歳で円満退職して
●その後小さなパン屋さんをはじめて…

若い方であればこんな感じもあるのでしょうか。
これが高齢者になると、

●来年(65歳)退職だけど
●まだ働けるから70歳までは何かアルバイトでもして
●その後夫婦で年金暮らしをはじめて
●もしかしたら80歳頃には認知症になっているかもしれないな
●そのときは隣町の介護施設で診てもらいたい
●家族みんな元気で90歳まで生きれたら幸せだな…

こんな感じもあるのでしょうか。

つまりライフプランとは、今後の予測や希望をふくんだ人生設計のことです。

そしてここには必ずお金のことが絡んできますし、一緒に暮らすご家族のことも考えておかないといけません。

例えば先で認知症になったとしたら、
ご自身で介護施設に入ることはできませんから、施設との契約や費用の支払いなどについて、前もって信頼できる方にお願いしておけると安心ではないでしょうか。

老後のライフプランを考える重要性

さらに「長生きがリスク」となる老後の生活費については
皆さん大丈夫でしょうか?

毎月の生活費は年金で賄えるか?
貯蓄を切り崩していくとしたら毎月いくら使えるのか?
介護費用など考慮して貯蓄はいくらあれば安心か?

収入や生活環境により、今現状の貯蓄が増えていくのか減っていくのか、皆さん個々に状況が違います。

これはとても重要なことですが、ご自身の場合どうなのか、頭のなかでモヤモヤしているだけでは解決しません。

ご自身の収入・支出・貯蓄を長期的に分析することで

どのくらいの生活費が妥当なのか?
どれだけの余裕資金があるのか?
といった現実的な生活イメージが見えてきます。

これにより、これから子や孫に何がしてあげられるかや、最終的に遺してあげられる相続財産の内容や、生前贈与の適正額なども明確となってくるでしょう。

つまり相続を考えるまえに、老後のライフプランをおさえておく必要があるということです。

老後のライフプランを考える際のファミリーエージェントの役割

老後のライフプランを考えることで、より豊かで安心できる老後と、家族に喜んでもらえる円満で有利な相続の実現が可能となります。

当社ではご相談者の現状や将来設計をお聞きしながら、老後のライフプランを考える検討資料のご準備ができます。

さらにご自身が描かれる理想のライフプランにむけた、資産組み換えなどの対策の提案もさせていただくことができます。

昔から「三代で財を失う」ということが言われますが、計画性をもって生活していくことで、減らさないばかりか増やすことも可能であることを、ご理解いただけたら幸いです。

以上老後のライフプランについて私どもと一緒に考えてみませんか?

ご不明などございましたらお気軽にご相談ください。

お問い合わせフォーム

 

ページの上部へ戻る

keyboard_arrow_up

0849827782 問い合わせバナー